きっと、幸せな結末|麻生ミツ晃

\ おトク情報 /
麻生ミツ晃 きっと、幸せな結末
著者 麻生ミツ晃
出版社 海王社
レーベル GUSH COMICS
シリーズ
発売日 2019/01/10
価格 ¥675(税抜)

キャラクターの感情が切ないほど伝わる、微妙な表情を描き分ける絵と緻密なストーリー。

感情をなくし幸せを諦めていたすみれと、すみれと出会い惹かれることによって大人の男へと成長する佑真。

辛い少年時代や葛藤を乗り越え、幸せな結末を掴もうとする二人に心揺さぶられます! 劇的なラストシーンに涙。

\ こんな時におすすめ /
  • 歳の差ロマンスが読みたい!
  • 苦悩を乗り越えて幸せを掴み取る物語が読みたい!
  • 卓越した構成・緻密なストーリーに心奪われたい!
試し読み・購入はこちら

概要と評価

あらすじ

親に殺されるはずだった自分は、生まれたときに一生分の幸運を使い果たしたのだ――

ろくでもない男ばかりに引っかかるバーテンダーのすみれは、幸せを諦めて生きている。親とも疎遠で、寂しさにも慣れているはずだった。
けれど遠い親戚の大学生・佑真と再会し懐いてくる彼と過ごすうち、佑真との時間に安らぎを覚えていく。
一方、佑真はすみれへの想いを強くしていき――。

せつなく愛しい年の差ロマンス。

GUSH COMICS

同時収録作品

もっと、幸せな結末
あとがき

概要

ジャンル 人間ドラマ
トーン シリアス
エロ度 エロ少なめ
修正* 短冊
キャラクター
佐倉すみれ(バーテンダー)
場所 東京
時代 現代
重点 ストーリー
エモーション 切ない
ページ数** 233p.
BLの館 修正の種類

* ** 電子書籍シーモア参照。修正の呼称は上図。
** 表紙含む総ページ数。

個人評価

ストーリー ★★★★☆
ラブラブ度 ★★★★☆
心情描写 ★★★★★
キャラクター ★★★★★
★★★★★
背景 ★★★★★
インパクト ★★★★☆

感想・レビュー

親に殺されるはずだった自分は、生まれたときに一生分の幸運を使い果たしたのだ……卓越した構成力で読者の心に迫る、切なくも温かい物語。

BLアワード2020『BEST ディープ』18位獲得作品。

この作品の凄さはなんだろう?……敢えて絞れば構成だと思う。
物語自体はシンプルだけど緻密。幼い頃の不条理な経験や感情、そうした経験の末の諦めと、作品を象徴する孤独な後ろ姿。そして、遠い親戚を頼るしかなかった少年の切なさ。こうした物語の肝になる複雑な心理が、しっかり伝わってくる。
それはほんの微妙な表情など絵から感じ取れる部分も大きいが、エピソードやシーンが過不足なく効果的に配置されている構成によるところも大きいのではないか。

もう少し具体的に書くと、親の顔色を見ていい子になるしかなかった切ない様子や、自分は親にとっていらない子だったと知るに至り自らを低く見積もる経緯、当然に与えられるべき愛も知らず、不条理な被害に遭っても誰からも守られない場面、自らの感情を吐露したり説明をする機会もなく、理解もされないばかりか親戚や友人からは蔑まされ、感情を鈍化させて人に期待することをやめるしかなかった少年期の姿。
こうした様々なエピソードやシーンが過不足なく配置されることによって、自然に人間の心の深い部分に入り込み、リアルにキャラクター達の心を感じ取ってしまうのだ

この卓越した構成によって、感情を鈍化せた現在のキャラクターの在り方に納得し、心の動きや言動を理解し、自然に感情移入していたように思う。

主人公・すみれの前に現れる高校生・佑真。彼はすみれと似ているようで似ていない。自分側に堕としてはならないと慮るすみれだが、諦めない佑真。すみれは佑真によって、価値観を転換させられることになる。

ここはネタバレ
勤務先のバーのママの必死のアドバイスも空しく、自分を低く見積もる癖を改めらないまま佑真を手放してしまうすみれ。それでも佑真の知らないところで自己犠牲的に彼を守ろうとするが、結局、佑真に守られることに。

あんなに初々しかった佑真は、すみれとの接触を経ていつの間にかしっかりした大人、男に成長していた。そして、今度は佑真がすみれの心を溶かしていく。

一方、感情をなくして生きてきたすみれは、佑真のことになると怒ったり笑ったり、感情が蘇るんだよね。

深い心の傷を癒すのには時間がかかったけど、辛い少年時代を乗り越え幸せを掴もうとする最後のシーンは、ドラマのように劇的で、自分のことのように嬉しかった。

麻生ミツ晃先生はあとがきに、

ここはネタバレ
元々プロットや構成をきっちり決めて、それにはめ込む描き方をしていたのですが このお話では細部を作らず その時の二人の気持ちや 浮かんだ言葉をそのままリアルタイムに出しました。(中略)その分、すごく描くのが難しくて 難しかった分、とても大事な二人になりました。

と書いており、また、ちるちるのインタビューでは、作品紹介として “裏テーマは「歪んだポジティブ」です。「感情を感じ切る」みたいな事が描けたらと思いました” と答えている。

気持ちや感情が大切に扱われたテーマのようだ。そのせいなのか、感情を止めたすみれがメインキャラクターであるはずなのに、感情が生々しいほどに迫ってくる作品で、一コマ一コマが自分のことのように愛しく、読み返すと懐かしささえ感じてしまう。そして、辛い場面もあるが、それを凌駕する温かさがある
何度も言うけど、ほんとに凄い作品だと思う。

おすすめ要素

個人的好みと理解力の及ぶ範囲で挙げる、桃みるくのおすすめポイント!

キャラクターの感情が切ないほど伝わる、微妙な表情を描き分ける絵と緻密なストーリー。感情をなくし幸せを諦めていたすみれと、すみれと出会い惹かれることによって大人の男へと成長する佑真。

辛い少年時代や葛藤を乗り越え、幸せな結末を掴もうとする二人に心揺さぶられます! 劇的なラストシーンに涙。

\ こんな時におすすめ /
  • 歳の差ロマンスが読みたい!
  • 苦悩を乗り越えて幸せを掴み取る物語が読みたい!
  • 卓越した構成・緻密なストーリーに心奪われたい!
試し読み・購入はこちら

こちらのBL漫画もいかが?

  1. 西本ろう このキスは記事にできない

    このキスは記事にできない|西本ろう「カリスマ俳優×パパラッチのドラマティックラブ」

  2. ひなこ 馬鹿とハサミ

    馬鹿とハサミ|ひなこ「怒涛の調教お仕置きプレイ♡」

  3. スケベの青春|畠たかし

  4. 麻生ミツ晃 リバース

    リバース|麻生ミツ晃「身命を賭した切なきオメガバース」

  5. 僕の先輩|羽生山へび子

  6. YOUNG BAD EDUCATION|ダヨオ

\ 現在のランキング /
  1. みちのくアタミ カリギュラの恋

    カリギュラの恋|みちのくアタミ「禁断の濃蜜SMラブ!」

    2021.04.26

  2. 一ノ瀬ゆま 神様なんか信じない僕らのエデン

    神様なんか信じない僕らのエデン|一ノ瀬ゆま「人類初のαとΩが発情期…

    2021.04.20

  3. 鷹 失恋ジャンキー

    失恋ジャンキー|鷹 「壮大に空回る両片想い」

    2021.04.08

  4. 2021 BLアワード ランキング

    「BLアワード 2021」ランキング

    2021.04.05

  5. 小木カンヌ 報われない恋の占い方

    報われない恋の占い方|小木カンヌ「12年越し片思い」

    2021.03.30

  1. 僕の先輩|羽生山へび子

  2. 麻生ミツ晃 きっと、幸せな結末

    きっと、幸せな結末|麻生ミツ晃

  3. コヨーテ|座裏屋蘭丸

  4. YOUNG GOOD BOYFRIEND +番外編|ダヨオ

  5. 小石川あお 棘の王様

    棘の王様|小石川あお「耽美ミステリーBL」

  1. みちのくアタミ カリギュラの恋

    カリギュラの恋|みちのくアタミ「禁断の濃蜜SMラブ!」

  2. ミナヅキアキラ スモーキーネクター

    スモーキーネクター|ミナヅキアキラ「吸血鬼と人間の異種愛」

  3. ハッピークソライフ|はらだ

  4. 汀えいじ 歌舞伎町バッドトリップ

    歌舞伎町バッドトリップ|汀えいじ「甘々ソフトSM」

  5. にやま そんなに言うなら抱いてやる

    そんなに言うなら抱いてやる|にやま「王道BLの極致!」

桃みるく
どんなジャンルにも食いつく無地雷

BLに出会ってから、時間のある時は1日10冊以上、月300冊位読み耽ってきました。

魂ごと鷲掴みしてくる魅力的な作品に出逢うたび、叫ばずにいられず当ブログ立ち上げ。

心から愛するおすすめ作品や人気作などを性癖ダダ漏れにさせながら語っています!

(どんどん更新予定です。)

さらに詳しく

\ 現在のランキング /
\ 現在のランキング /
スライドします
error: